BLOG

室内でも日焼け止めは必要??

皆様こんにちは!!

銀座モアーズの鈴木です。

 

すっかり気温も上がり、暑くなってきましたね((+_+))

通常の5月は外に行く機会も多いのですが、今年はなかなか外でのんびりとはいきませんね…。

 

外に出る機会が少ないので皆様お忘れの方も多いかもしれませんが、

5月は紫外線が多い時期ですね。。。

 

実は紫外線は室内にいても強く吸収してしまうのです!!

 

 

紫外線量の目安を知る!!

室内にいれば安心と思っていた紫外線ですが室内の状態によっては外とほぼ変わらな量を浴びてしまいます。

 

直射日光を浴びたときの紫外線量を 100% とすると…

室内の日の当たる場所 80%

日の当たらない場所 10%

 

実は日が当たらなくても外からの紫外線を受けてしまうのです。。。。

 

 

その理由は、空気や壁、窓ガラスに反射したものが空気中に散乱しているからなのです。

 

 

また、近年では雨の日も紫外線ケアが必要といわれています。

 

晴天の日の紫外線量を 100%とすると…

薄曇りの日 80~90%

曇りの日 60%

雨に日 30%

 

雨の日でも30%も紫外線を浴びてしまうのです( ;∀;)

 

 

 

そうなると、1年中紫外線ケアが必要なことがご理解いただけるかと思いますm(__)m

 

 

室内紫外線対策!!

家から出ない日はどうしても日焼け止めを塗りたくない!!でも、日焼けしたくない!!

という方もいらっしゃると思います。

 

そんなときの対策としては…

①カーテンやサンシェードをUVカット使用にする。

②窓にUVカットシートを付ける。

③黒や紺などの濃い色の服を身に着ける。

 

日焼け止めを着ける事に抵抗のない方は、

主に顔、首、デコルテ、うなじ、耳などを付けて頂く事をおすすめしております!!

 

お首に関しては通常も日焼け止めを塗り忘れていらっしゃる方も多いので、是非お付けくださいませ。

 

 

食べ物でケアをする

 

抗酸化力の強いものを摂ることで、日を浴びてしまった肌の修復をすることが出来ます!!

 

抗酸化力の強い食べ物

・ビタミンC…イチゴ、緑黄色野菜など、

・カテキン…緑茶、抹茶、ほうじ茶など

・ポリフェノール…コーヒー、紅茶、ブルーベリー

 

 

柑橘系も抗酸化で有名ですね。

ただ、柑橘系は食べるタイミングをお気を付けくださいませm(__)m

 

 

理由は、柑橘類に含まれる【ソアニン】といわれる成分が、紫外線を取り込みやすくしてしまうのです。

紫外線を取り込んでしまうことで、返ってシミの原因になりますので、お気を付けくださいませ!!

 

1番のタイミングは、日が落ちてからとなります♪

 

 

日常で日焼け止めを付ける

 

室内のみに日であれば、日焼け止めのSPF数値は20~30ほどで構いません。

通常であればSPF50までつける必要はありませんので、ご安心くださいませ!!

 

ただ、SPF50で表記されているものに関して、【ブルーライトカット】などの商品もございます。

その際はPCやテレビからのブルーライトによる日焼けを食い止めるためにも【ブルーライトカット】のものをお選びくださいませ。

ブルーライトの詳しいお話はこちらから飛べます(^^♪

スマホ VS PC どちらが目に悪い??

 

 

モアーズでおすすめしている自宅用の日焼け止めのケアとして

『ファンデイン』という商品がございます。

 

 

 

さらっとした付け心地で肌色も自然な色にカバーしてくれますので、家用の日焼け止めがないな~という方は試してみてくださいませ(^^♪

 

 

お問い合わせはこちらとなります!!

銀座モアーズ インスタグラム
東京・池袋のネイルスクールなら池袋駅徒歩5分の【キャメロット】

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

03-6427-0040

平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

ご予約はこちら

過去記事

Information

銀座モアーズ スタッフ

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

■ご予約・お問い合わせ■
03-6427-0040
平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

■アクセス■
銀座駅 C8出口から徒歩4分
銀座一丁目駅 3番出口から徒歩1分 JR有楽町駅 京橋出口から徒歩4分