BLOG

スマホ VS PC どちらが目に悪い??

皆様こんにちは!!

銀座モアーズの鈴木です(*^^*)

 

本日は、スマホとPCのお話です!!

 

スマホもPCもどちらも液晶の機械となりますが、

どっちを使うほうが疲れを感じやすいと感じますでしょうか?

 

もちろん。

個人差はありますが、実は〇〇の方が目を疲れさせる要素がたくさんあるのです!!

PCとスマホ どちらの方が目が疲れる?!

 

 

どちらもブルーライトが出ている為、長時間見ることは目にとって負担になります。

 

 

そもそもブルーライトとは?

 

 

可視光線の中で最も波長が長く、強いエネルギーを持っている光となります。

ただ、強いエネルギー故に目の角膜や水晶体で吸収されず、網膜まで光が到達してしまいます。

 

それにより、PC、スマホを長時間使用した際に下記の事を感じることはありませんか?

〼目がしょぼしょぼする

〼頭痛

〼目の乾燥

〼体のだるさ

 

 

実は、このすべての原因はブルーライトにあるのです。

 

また、ブルーライトは、

睡眠時に出る「メラトニン」というホルモンを抑制してしまうため、

就寝前に使用することで、目がさえてしまうという特性も持ち合わせています。

 

 

更に、ブルーライトは肌にも大きな影響を及ぼします。

先述の通り、ブルーライトは強い光の為、肌の奥まで入り、

基底層にあるメラニン色素まで到達するのです。。。。

メラニンと言えば…そう。シミや色素沈着の原因になる場所です。

 

太陽を浴びていなくてもシミが出来る原因も1つにブルーライトが上げられるというわけですね。。。。

家にいる時でも、紫外線カットやブルーライトカットのお化粧品を付けて

しっかり肌を守ってあげましょう(^^♪

 

 

ブルーライトにより鮮やかに画面が表示できる反面、

このように長時間使用することで目への負担も大きくなります。

 

 

PC < スマホ 目の疲れ

 

実は、同じブルーライト使用なのに

スマホの方が目や体に負担が大きいのです。

 

 

その理由としては、スマホの長所でもある

コンパクトさに原因があります!!

 

 

 

スマホの画面は小さく、

細かい時点をずっと見続けることで、

目の筋肉が固くなり、疲労感が増してきます。

 

また、スマホはコンパクト故に

目との距離がPCと比べれもとても近くなり

ブルーライトの刺激がより強く伝わるというわけです。

 

テレビ電話やテレビ会議など便利ではありますが、

使いすぎには要注意ですね!!

 

 

さて、では解消法としては…。

 

①1時間に1分間、目を休める。

②遠くを見る癖をつける。

③ブルーライトカットの眼鏡をする。

④画面と目の距離は50㎝開ける。

⑤寝る2時間前はスマホ、PCは極力触らない。

⑥こまめに目薬を付ける。

⑦ブルーライトカット下地を付ける。

 

 

PC、スマホを使わない生活は難しいので

出来るだけ目に優しい習慣も一緒に実践してみてくださいませ(^^♪

 

銀座モアーズ インスタグラム
東京・池袋のネイルスクールなら池袋駅徒歩5分の【キャメロット】

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

03-6427-0040

平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

ご予約はこちら

過去記事

Information

銀座モアーズ スタッフ

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

■ご予約・お問い合わせ■
03-6427-0040
平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

■アクセス■
銀座駅 C8出口から徒歩4分
銀座一丁目駅 3番出口から徒歩1分 JR有楽町駅 京橋出口から徒歩4分