BLOG

【モアーズマガジン vol.34】唇がカサカサになってしまうあなたへ👄

皆さまこんにちは❣

銀座モアーズです🥰

 

急激に気温が下がってきましたね😣

夏は「早く寒くならないかな~」と感じていましたが、

いざ寒くなると「もう少し暖かくても良いかな😶」なんて贅沢に感じてしまう事がありますよね。

 

 

さて寒くなるとこんなお悩みは出てきませんか?

 

「唇の皮がむける👄」

 

近年マスクをつける機会が増え、特にそういったお悩みをお客様から頂きます💦

 

 

唇の皮がむけてしまう理由は…?

 

 

寒い時期だけという方と、年中唇の皮がむけてしまう人といると思います。

実は、唇の皮がむける理由として

 

①乾燥によるもの

②唇が炎症を起こしている

 

この2つが大きな原因としてあげられます。

 

①乾燥によるもの

他と比べて皮膚が薄く唇には皮脂腺がありません。

他の皮膚は、皮脂腺がある事でバリア機能や潤い成分を自らの力で作る事が出来るのですが、唇にはないため乾燥しやすいんです。

 

 

②唇が炎症を起こしている

唇はメラニンを作るメラノサイトがないため、紫外線に弱くケアを怠ってしまうと赤みと言った炎症を起こしてしまう場合もあります。

また、かさかさして皮が皮がむけてくるとついつい引っ張ってしまうと炎症が更にひどくなるので、注意が必要です。

 

 

 

悪化させてしまう3つの行動

 

1⃣唇をごしごしと摩擦を加える。

これを聞いて「ありえない。そんなことしない!」とお思いの方も多いと思います。

しかし、思い出してください。

食事の後に口元をぬぐいませんか?

また、リップを塗りなすときメイクを落とすとき、擦ってしまっていませんか?

唇は皮膚が薄いので、ゴシゴシと摩擦を加えることで角質が余計にはがれて余計にカサカサとしてしまいます。

 

2⃣唇をなめる

癖で唇をなめる方いらっしゃいませんか?

実は、私もその一人(笑)

舐めることで一時的に潤いはするものの唾液と共に水分がすぐに蒸発してしまいます。

かえって乾燥してしまうので、保湿力のあるリップをつけてあげるほうがおすすめです。

 

3⃣唇に負担のかかるアイテムを使用する

「落ちないリップ」「ティントリップ」と言った流行りのアイテムを使用していませんか?

 

色もかわいく発色も良いので、使うと気持ちも上がりますよね。

 

しかし、「落ちないリップ」や「ティントリップ」は、染料が入っているものもあります。

 

そういったものが入っていると、クレンジングの際にゴシゴシと摩擦を加えないと落ちないので、注意が必要です。

(しっかりリップが落とせず唇のシワに残っても唇荒れの原因になるので気を付けましょう)

 

 

 

対処方法

◎リップパック

リップクリームやワセリンを付けて上からラップを付けると唇が保湿されることで、乾燥してカサカサしていた唇が柔らかくなります。

 

 

◎ハサミで切る

余りにも唇の皮がむけている場合は、ハサミで皮を繰る事もおすすめです。

 

唇のターンオーバーは他の皮膚よりも早く3~4日と早いため、1週間もすると角質が新しくなります。

唇の乾燥がひどい時は、ハサミ向けている皮を切ってリップパックをするのがおすすめです。

 

 

 

◎唇のスクラブ

 

 

唇がガサガサしている時は、優しく行いましょう。

つい気になるからと言って、毎日やるのはかえって負担になります。

気になるときや、多くても週に1回にしましょう。

また、唇の皮がむけている時は傷に入り痛みを伴う事もあるので、使用は避けましょう。

 

 

唇ケアで気になる事があるという方、いつでもご相談くださいませ🙇

 

本日も、ご覧いただき誠にありがとうございました😎✨

銀座モアーズ インスタグラム
東京・池袋のネイルスクールなら池袋駅徒歩5分の【キャメロット】

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

03-6427-0040

平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

ご予約はこちら

過去記事

Information

銀座モアーズ スタッフ

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

■ご予約・お問い合わせ■
03-6427-0040
平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

■アクセス■
銀座駅 C8出口から徒歩4分
銀座一丁目駅 3番出口から徒歩1分 JR有楽町駅 京橋出口から徒歩4分