BLOG

【モアーズマガジン vol.15】5月から紫外線が強くなる??

皆様こんにちは。

銀座モアーズです。

 

本日は、紫外線の話です。

紫外線は真夏に多いイメージですよね。

でも、実は5月6月の紫外線量と8月の紫外線量はほぼ等しいのです😱

 

なんで5月6月の紫外線量は多いの?

 

紫外線は、常に研究されている為いくつかの説が存在します。

ただ、比較的多い説としては、冒頭でお話したように5月6月の紫外線量は8月に匹敵するという事です。

 

 

 

諸説ありますが理由として挙げられるのが…

①太陽の高度が高くなり、太陽との距離が近くなる時期だから。

②地球のバリアである、オゾン層が薄くなる時期に差し掛かるから。

と言われています。

 

GWのお出かけの際、うっかり日焼け止めを忘れて黒くなっちゃったなんて人いませんか?

まさに上記の理由により、日焼けしてしまったことが考えられます💦

 

 

5月に届く紫外線

紫外線には3種類あります。

 

 

・UVA

皮膚の深くまで入り込む為、シミやシワの原因に。

5月は特に地球上に届きやすい。

しっかり日焼け止めを使用しないと数年後シワやシミとなって、紫外線の影響が出る事が考えられる。

 

・UVB

表面に影響を与える紫外線。

肌の赤みや火照り感が出るのは、この紫外線が影響している。

 

・UVC

本来は、地球上まで届かない紫外線。

ただし、近年地球温暖化の影響で地球に到達してしまうのではと危惧されている。

刺激の強い紫外線の為、長時間浴びることで皮膚がんを引き起こす可能性がある。

 

どの紫外線も気を付けなければいけないのですが、UVAは5月に特に強くなるので注意が必要です。

UVAを浴びても赤みとして出にくいため、日焼けをした感覚があまりない方が多いです。

しかし、確実に肌の内側は影響を受けていますので、しっかり日焼け止めをお使用しましょう🙌

 

 

1番紫外線が強いのは何時?

だいたい10時~13時がピークと言われています。

 

 

昼食で外に出る場合は、しっかりUVケアをしましょう。

また、外に出ないからUVケアをしないという方もいらっしゃいますが、UVAはガラスも通り抜けて入ってくるため、室内にいる際も日焼け止めはつけましょう🌞

 

 

直接の紫外線以外も要注意!!

先程も話したように紫外線の種類によってはガラスを通り抜けてきます。

その他、こういったことにも注意しましょう。

 

①空気中で散乱したもの。

②地面や建物から反射したもの。

 

 

何かに反射して目から紫外線が入る事がよくあります。

なので、日陰にいるから安心とは思わず、しっかりUVケアをしていただく事をおすすめいたします☺

 

自分に合っているUVケアが分からないという方は、過去のブログでドクターリセラさまの日焼け止め特集をしておりますので、ご参考にしていただければと思います🥰

 

日焼け止めの記事はこちらです!!

 

 

「その他、聞きたいことがある!」

という方は、下記からお問い合わせ可能です!

 

銀座モアーズお問い合わせ

 

※【無料美肌相談】と最初に記載くださいませ!

 

そうしますと、ブログ担当の私から後日回答をお送りいたします(^-^)

 

✉info@ginza-mores.jp

☎03-6427-0040

 

次回の投稿は5月8日となります!!

本日もご覧いただきありがとうございました(*^^*)

銀座モアーズ インスタグラム
東京・池袋のネイルスクールなら池袋駅徒歩5分の【キャメロット】

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

03-6427-0040

平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

ご予約はこちら

過去記事

Information

銀座モアーズ スタッフ

フェイシャル専門エステサロンの銀座モアーズ

■ご予約・お問い合わせ■
03-6427-0040
平日11時~21時(最終受付19時)
土日祭 10時~20時(最終受付18時)
※年末年始休業

■アクセス■
銀座駅 C8出口から徒歩4分
銀座一丁目駅 3番出口から徒歩1分 JR有楽町駅 京橋出口から徒歩4分